介護型ケアハウスの仕事内容を徹底調査。気になる収入ややりがい、今後の将来性がまるわかり|クラベル介護転職

        

介護型ケアハウスの仕事内容を徹底調査。気になる収入ややりがい、今後の将来性がまるわかり


介護を必要としない高齢者の印象が強いケアハウス。しかし、軽費老人ホームC型と呼ばれるケアハウスには唯一「介護型」があります。介護型ケアハウスでの介護職員の仕事は、他の施設とどんな違いがあるのでしょうか。気になる仕事内容や収入面にも触れながら、ご紹介していきましょう。

介護型ケアハウスとは?

介護型ケアハウスとは、軽費老人ホームC型と呼ばれるケアハウスの種類で、他にも一般型が存在します。その違いは明確で、介護スタッフがいつでも施設内にいて利用者を支え、介護サービスを提供するのが介護型ケアハウス。一般型は、介護を必要としない高齢者の施設です。

65歳以上の要介護認定を受けた方が対象で、要介護レベルは問いません。入居中に要介護度が上がっても継続して入居が可能です。

グループホームとの違いは、以下のようなものがあります。

1)

  • 介護型ケアハウス…要介護1から入所可能
  • グループホーム…要支援2から入居可能

2)

  • 介護型ケアハウス…施設によって認知症受入れ可否があり
  • グループホーム…認知症患者が中心

サービス内容は掃除や洗濯、買い物のような生活援助に加え、入浴や排泄などの身体介助と機能訓練が軸となります。

介護型ケアハウスの仕事内容・はたらく人に求められることとは?

経済的理由や家族との同居困難などが理由となり、体の不自由と心の寂しさを抱える人も数多く入所する介護型ケアハウス。介護スタッフには、ただの作業的なサービスではなく、心に寄り添った明るいサービスの提供が求められます。

介護型ケアハウスはどんな人が活躍できる?

入所する人の要介護度はさまざまなため、介護レベルに合わせたサービスを柔軟に提供できる人にとっては最適です。また、介護スタッフの人数も多く配置されますから、コミュニケーションがとれる人やスタッフをまとめるスキルのある人が活躍できます。

介護型ケアハウスのやりがいとは?

サービス利用者の人数に合わせて配置されるスタッフの人数が決められる介護型ケアハウス。初心者からベテランまで幅広い介護スタッフがいるため、悩んだときにも指導してもらえて、アドバイスをもらえる環境を作りやすいです。技術的にも精神的にも成長できるため、やりがいを感じられるでしょう。

介護型ケアハウスではたらくメリット・デメリット


介護職への転職を検討している人は、介護型ケアハウスで働くメリットやデメリットも知っておきたいですよね。介護型ケアハウスで働きたい人が知っておくべきメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

介護型ケアハウスでは、利用者がすぐに退所することが少ないです。要介護度が上がってもそのまま住み続けられるため、利用者とも長く深く関わっていくことができます。利用者の特徴をしっかり把握しながらコミュニケーションが取れるようになれば、仕事もしやすく利用者も高い満足度が得られるでしょう。

また、介護型ケアハウスは社会福祉法人が運営している所が多く、公的な補助金が支給されているため経営も安定しています。従業員の福利厚生なども手厚いところが多いので、働きやすいというメリットもあるでしょう。

デメリット

デメリットとして挙げられることは、コミュニケーションの取れない人にとっては、厳しい職場になること。業務の報連相はもちろんですが、サービスを提供するのは目の前の人間です。日常的な会話や声掛けが自然にできないと、介護職員も利用者も気まずい雰囲気のなかで過ごすようになってしまいます。

体は不自由でも、認知症などのない意識のはっきりした高齢者も多いのが介護型ケアハウスです。肩の力を抜いて、気持ちのいいコミュニケーションができるよう心がけが必要でしょう。

介護型ケアハウスの気になる収入は?

介護型ケアハウスの収入を実際の求人情報から調査した結果、正社員や派遣社員で月給175,000円~250,000円、パートでは時給950円前後が平均的です。正社員の場合には、施設の規模や経験年数などによっても収入の幅がみられます。

月給の他、住宅手当や扶養手当、資格手当、夜勤手当などの手当てが充実している施設も多くみられますので、まずは転職エージェントなどで勤務地となるエリアの介護型ケアハウスをチェックしてみましょう。同じ介護業界からの転職となれば、さらに優遇されるところも多いようです。

介護型ケアハウスではたらくまでに必要な資格・準備

介護型ケアハウスで働く場合には、介護の基礎を身につけるための介護職員初任者研修が必要です。もちろん、介護福祉士などの国家資格を取得しているにこしたことはありませんが、多くの施設では初任者研修を受けている方を採用の対象にしています。

介護職員初任者研修は、介護職員として働くための最低限の資格です。全130時間の研修は、受講先やコースによって取得期間なども変化します。全国どこでも通用する資格ですので、介護型ケアハウスで働きたい人もぜひチャレンジしてみてください。

パートなどの場合には、直接利用者の体に触れない仕事がメインであれば、資格が不要なところもあるでしょう。まずは募集要項をしっかり確認して、必要な資格、試験内容などを紹介してください。

まとめ:将来的にも多くの人員が必要になる介護型ケアハウス

軽費老人ホームC型の1つである介護型ケアハウス。高齢化や経済状況も良くない状況が続いていることから、将来的に現在よりさらに多くの入居希望者が増えていくことが予想されます。介護職員として働く場合、安定した収入を得られる場所にもなるでしょう。

介護のお仕事を探しているかたは、福利厚生も充実している介護型ケアハウスにも注目してみてくださいね。


2019年度版オススメ介護転職サイト

1位介護ワーク

豊富な求人数と広いエリアでキャリアアップ!

介護ワーク公式サイトイメージ図

転職サイトについて詳しく見る

こんな方におすすめ
パート・アルバイトから正社員まで、幅広い就業形態
前給制度に対応!すぐに給料が受け取れちゃいます
厚生労働省から優良派遣事業者に認定済み
対応エリア 全国
案件数 約100,000件以上
その他 無資格・未経験歓迎/高収入案件/充実の福利厚生/シフト制/週2~/全国各地に登録拠点

介護転職サイトで求人をさがす

公式サイトへ移動します

2位ケア転職ナビ

手厚いサポートで安心転職を目指すならココ

ケア転職ナビ公式サイトイメージ図

転職サイトについて詳しく見る

こんな方におすすめ
業界専門のコンサルタントがしっかりサポート
非公開求人も多数用意
案件によっては資格取得の支援も
対応エリア 全国
案件数 約20,000件
その他 充実の福利厚生/資格取得支援/コンサルタントのサポートあり

介護転職サイトで求人をさがす

公式サイトへ移動します

3位カイゴワーカー

入職後のフォローまでバッチリ♪

介護ワーカー公式サイトイメージ図

転職サイトについて詳しく見る

こんな方におすすめ
CM放映で広い知名度
給与などの交渉代行制度あり
人間関係や時間外労働などの職場情報が充実
対応エリア 全国
案件数 約90,000件
その他 高収入案件/充実の福利厚生/大量の非公開求人案件

介護転職サイトで求人をさがす

公式サイトへ移動します