一般型ケアハウスの仕事内容を徹底調査。気になる収入ややりがい、今後の将来性がまるわかり|クラベル介護転職

        

一般型ケアハウスの仕事内容を徹底調査。気になる収入ややりがい、今後の将来性がまるわかり


要介護状態にない高齢者だからといって、全て自分で身の回りのことを簡単にこなせるわけではありません。介護の必要はないものの、サポートやケアは必要な高齢者を支える施設が「一般型ケアハウス」です。
介護の必要がない施設で、介護職員はどう働くのか。一般ケアハウスの求人が気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

一般型ケアハウスとは?

高齢の親をもつ人や自身も高齢である配偶者が、高齢者の生活介助や医療ケアなどを委託できる施設が一般型ケアハウスです。同居や別居、持病の有無に関わらず、60歳以上の高齢者であることが条件で入居できます。

ケアハウスは別名「軽費老人ホームC型」とも呼ばれ、一般型と介護型の2種類のタイプがあります。一般型ケアハウスは、要介護状態にない普通の高齢者や、要支援1.2要介護1.2の認定を受けている人などが利用。さまざまな日常生活の支援や、行動把握などを行い、利用者を安全に安心できる環境で介護します。

介護型ケアハウスでは、生活介助や身体介助・通院時サポートなどを行い、常時介護スタッフのいる施設で生活することが可能です。自宅へ訪問する介護事業所や宿泊型の施設などが併設されるケアハウスもあるため、就業先によって働き方にも変化があることを把握しておきましょう。

一般型ケアハウスの仕事内容・はたらく人に求められることとは?

介護状態にない高齢の方々や、介護の必要度が低い人が入居できるケアハウスでは、特老や健老などの仕事内容よりも負担の軽い介助がメインです。もちろん身体介助や生活介助はありますが、利用者自身でチャレンジできることも多いため、全ての介助をおこなうというよりサポートがメインになってきます。

入浴や食事の介助、清掃、身だしなみ、口腔ケアなどのほか、歩ける人へはトイレ誘導するのも仕事です。作業の合間をみながら施設で必要となる記録簿の記入をし、夜勤者との交代の際には申し送りをして引継ぎします。

一般型ケアハウスはどんな人が活躍できる?

一般型ケアハウスは、高齢者の家族の有無や家庭状況、金銭面の状況に関わらず、自立した生活が困難な高齢者が多く利用します。そのため、より親身になって高齢者に寄り添う介護が必要になってくるでしょう。思いやりがあり、明るく笑顔で介護サービスを提供できる人なら、高齢者も日々励まされるに違いありません。

また、外部の介護サービスを取り入れることも珍しくないため、介護の資格などを目指す人にも学べることは多く、向いているでしょう。時間は日勤と夜勤に分けられ、残業の少ない環境です。夜勤専属、日勤専属といったように時間を固定して働きたい人も活躍できる施設といえます。

一般型ケアハウスのやりがいとは?

他の介護サービスとの組合せが多く、外部とのやりとりも多い一般型ケアハウス。訪問介護やデイサービスの方々との連携がうまくいくと、仕事がスムーズに動くため、ストレスがなくやりがいを感じられるでしょう。

また、笑顔で利用者と交流しながら介護ができ、利用者の要介護度が上がらないまま生活できれば、さらにやりがいにつながっていきます。

一般型ケアハウスではたらくメリット・デメリット

一般型ケアハウスで働くとき、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。他の介護施設と比較しながら、メリットとデメリットについてご紹介します。

メリット

重労働とも言われている身体介護なども頻度が少なく、ある程度自分でこなせる利用者のサポートがメインですので、心身共に疲弊することが少ないという点でメリットがあります。

一般型ケアハウスの特徴は、介護の必要がない人や要介護度2までの人が対象であること。他の介護施設では、要介護度の高い人を中心にした施設が多いため、一般型ケアハウスの仕事がラクに感じられることもあります。

デメリット

サポート業務が多い一般型ケアハウスでは、本格的に介護技術を学んでいくには少し物足りなさを感じてしまうことがデメリットです。介護技術が必要とされる頻度が他の施設よりも少なく、もし転職などをして他の施設に移った場合に、忙しさに疲れてしまう可能性もあります。

一般型ケアハウスの気になる収入は?

一般型ケアハウスの介護職員の収入を、実際の求人から調査してみました。施設の規模や雇用形態によっても異なりますが、正社員で15万円から18万円、派遣社員の夜勤で1,250円前後が相場のようです。

介護型ケアハウスの募集は多くみられますが、一般型ケアハウスの募集では、夜勤以外は非常に少ないことも印象的です。人員募集が少ないことは、それだけ働きやすい環境が整っていると考えてもいいでしょう。

収入は大きくなくても、働きやすさを求める人には一般型ケアハウスはおすすめです。

一般型ケアハウスではたらくまでに必要な資格・準備

介護職員初任者研修や実務者研修といった資格は、ケアハウスに勤務する介護職員にも欠かせない資格です。国家資格である介護福祉士などがあれば、資格手当がつく施設もあるでしょう。

最低限必要なのは、介護職員初任者研修です。無資格での募集もありますが、基本的に雑用で終わってしまいます。介護業界では、利用者の体に触れる場合に必ず必要な資格が初任者研修です。一般型ケアハウスでも同様ですので、取得しておくのがおすすめです。

介護職員初任者研修は、130時間の介護の基礎学習を行うもので、最終日に試験があります。合格率も非常に高く、学歴や年齢も問わない資格ですので、一般型ケアハウスでの応募を検討するならぜひ取得したいものです。

高齢者の不安を一掃する一般型ケアハウスで働こう

病気はなくとも体の衰えをひしひしと感じる高齢者にとっては、自立を続ける不安や経済的な心配、家族の負担になりたくないという思いも大きくなります。一般型ケアハウスで働くなら、そんな高齢者と笑顔でコミュニケーションが取れる関係性を築きたいものです。

笑顔で毎日を過ごせるサポートができるのが、一般型ケアハウスです。働ける介護施設の一つとして、ぜひチェックしてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2019年度版オススメ介護転職サイト

1位介護ワーク

豊富な求人数と広いエリアでキャリアアップ!

介護ワーク公式サイトイメージ図

転職サイトについて詳しく見る

こんな方におすすめ
パート・アルバイトから正社員まで、幅広い就業形態
前給制度に対応!すぐに給料が受け取れちゃいます
厚生労働省から優良派遣事業者に認定済み
対応エリア 全国
案件数 約100,000件以上
その他 無資格・未経験歓迎/高収入案件/充実の福利厚生/シフト制/週2~/全国各地に登録拠点

介護転職サイトで求人をさがす

公式サイトへ移動します

2位ダントツ介護

東京都内の介護求人ならココ

ダントツ介護公式サイトイメージ図

転職サイトについて詳しく見る

こんな方におすすめ
東京の介護求人を探している
内定に向けたバックアップ体制がほしい
非公開求人も取り扱っている
対応エリア 関東
案件数 3,000以上(非公開求人あり)
その他 非公開求人豊富/高収入案件/丁寧なサポート/非常勤雇用あり/職種が豊富

介護転職サイトで求人をさがす

公式サイトへ移動します

3位ケア転職ナビ

手厚いサポートで安心転職を目指すならココ

ケア転職ナビ公式サイトイメージ図

転職サイトについて詳しく見る

こんな方におすすめ
業界専門のコンサルタントがしっかりサポート
非公開求人も多数用意
案件によっては資格取得の支援も
対応エリア 全国
案件数 約20,000件
その他 充実の福利厚生/資格取得支援/コンサルタントのサポートあり

介護転職サイトで求人をさがす

公式サイトへ移動します

4位カイゴワーカー

入職後のフォローまでバッチリ♪

介護ワーカー公式サイトイメージ図

転職サイトについて詳しく見る

こんな方におすすめ
CM放映で広い知名度
給与などの交渉代行制度あり
人間関係や時間外労働などの職場情報が充実
対応エリア 全国
案件数 約90,000件
その他 高収入案件/充実の福利厚生/大量の非公開求人案件

介護転職サイトで求人をさがす

公式サイトへ移動します

5位ケア人材バンク

ケアマネージャー求人なら専門のココにおまかせ

ケア人材バンク公式サイトイメージ図

転職サイトについて詳しく見る

こんな方におすすめ
ケアマネージャー求人を探している
全国から求人が探せる
キャリアパートナーとマンツーマンで仕事を探したい
対応エリア 全国
案件数 不明
その他 高収入案件/専任キャリアパートナー/非公開求人案件

介護転職サイトで求人をさがす

公式サイトへ移動します