介護助手ってどんな仕事?仕事内容や必要な資格、気になる収入を徹底解説|クラベル介護転職

        

介護助手ってどんな仕事?仕事内容や必要な資格、気になる収入を徹底解説


介護業界の人手不足は深刻化するなか、介護人材の確保や元気な高齢者の新たな就業先としても人気の高い「介護助手」という仕事が注目を集めています。介護助手は、介護業界の生産性向上にもつながると期待されている職業です。資格をもつ介護職員との仕事内容の違いや収入について、詳しく解説していきましょう。

介護助手とは?

介護助手とは、介護を必要とする人を直接サポートする介護職員(ヘルパーや介護福祉士)の補助をする人を指しています。介護補助という呼び方もありますが、仕事内容は同じです。

介護職員の業務は利用者に直接触れるもので、食事や入浴の介助、排せつの処理などがあり時間も体力も必要となる業務が多いです。施設の介護職員数が少ない施設では業務過多となり、フォロー体制を必要とするところも少なくありません。

介護助手は、こうした多岐にわたる業務の一片を担い助けます。

介護助手の役割や仕事内容とは?

介護助手の仕事は介護職員の補助ですが、実際に利用者の体に触れ、さまざまな介助をすることはありません。では一体どういった仕事内容なのか、どんな役割をもっているのでしょうか。

知っておきたい役割と仕事内容、求められること

介護職員のサポート業務は、難易度によって分けられます。

難易度【高】

・認知症の利用者との話し相手や見守り
・レクなどのサポート

難易度【中】

・ベッドメイキング
・食事の配膳や下膳

難易度【低】

・施設や利用者の室内の清掃
・レクの準備サポート、片付け

しかし、この難易度が仕事の出来不出来を決めるものではありません。あくまでも介護助手をする人の適性によって決められるものです。例えば経験年数や体力、年齢や研修を受けたかどうかなどによって、仕事も決められるのが一般的です。

参考:Microsoft PowerPoint – 参考資料1)介護人材の機能とキャリアパス

介護保険制度施行後、高齢化が進むにつれ要介護者・介護施設・介護職員が驚くほど増加の一途をたどっています。しかし参考グラフにもあるように、要介護者の人数は介護職員数を圧倒的に上回る状態が続いており、介護職員1名でサポートする要介護者数は今後も多くなると見込まれているのです。

介護助手が介護職員のサポートを担うことで、業務が効率化されサービスの質が上がることにもつながるとされています。介護助手は、今後も拡大していく介護職員の負担を軽減してくれる存在です。また介護職の業務過多を軽減し、介護業界のクリーンな勤務体制を作るために欠かせない存在なのです。

介護助手はどんな職場で活躍できる?

介護助手として働ける場所は実に幅広いです。主な勤務先は以下のような場所があります。

  • デイサービス
  • 小規模多機能型居住介護
  • 認知症型グループホーム
  • 有料老人ホーム
  • 特別養護老人ホーム
  • 老人保健施設

介護職員のサポート役ということもあり、勤務先は必然的に介護職員と同じ場所になります。

介護助手のやりがいとは?

要介護者は、自分でしたいと思うことを行動にすることが困難なため、不安やストレスを抱える人もいるでしょう。忙しい介護職員の代わりに介護助手が側にいてくれることで、大きな安心感につながります。

介護助手のやりがいは、利用者や看護助手に求められ、役立てることです。また毎日変化のある業務ですので飽きることがなく、勤務時間も充実したものになるでしょう。

介護助手になるメリットは?

介護職員ではなく、あえて介護助手という働き方を選ぶ人がいるほど人気のある職種です。介護助手として働くメリットは、どんなところにあるのでしょうか。

  • 元気であれば年齢制限がない
  • 勤務は週3~4日などの働き方ができる
  • 短時間勤務も可能で、子育てとの両立もしやすい
  • 研修を受ければキャリアアップしていける
  • 人の役に立つ仕事である

介護助手は利用者の話し相手になることも仕事のうち。できるだけ利用者と年齢の遠すぎない定年を迎えた65歳前後の元気な人こそ適任です。また、毎日の勤務が厳しいときには日数や時間も調整して働くことができるのもメリットでしょう。

まだ小さな子どもをもつ人でも、時短勤務が可能です。ライフワークバランスを維持しながら働けるのも人気の理由となっています。

介護助手の気になる収入は?

介護助手の収入は、施設によっても異なります。実際の全国版求人情報から抜粋して、パートと正社員の時給と月給の平均値を算出してみました。

多くの求人に目を通してみても、表に挙げたような金額が多くなっています。平均額以上で勤務したい!と考えている方は、お住いのエリアの介護助手求人もチェックし、平均額を算出してみるといいでしょう。

介護助手になるまで

介護助手になるには、試験や経験は不要です。子育て中の人や定年退職後にまだ働きたいと考えている人でも活躍できる仕事だからこそ、人気の職業になっています。

まずは介護職に特化した求人サイトをチェックし、介護助手で絞り込んでみましょう。注意点としては、施設によって夜勤があるケースも存在します。勤務時間をチェックして働きやすい時間を選んでみましょう。

また、介護助手でも福利厚生が手厚い企業はおすすめです。特にまだまだ働ける年齢の人は、介護助手から資格取得に挑戦する際、資格支援制度がある施設もあるからです。先輩達との交流を深めれば、何かと資格取得の相談にものってもらえます。

無資格でも介護業界で働けるのが介護助手!

介護助手のお仕事は、いわば介護施設の用務員的存在です。利用者にも介護職員にも、過ごしやすく働きやすい環境ができるようサポートするものですから、毎日やりがいをもって働くことができるでしょう。
無資格でも介護業界に興味がある方は、ぜひ求人をチェックしてみましょう。猫の手も借りたいほど忙しい介護業界では、たくさんの求人がみられますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※誹謗中傷、極端にネガティブな内容は承認いたしかねます。

2019年度版オススメ介護転職サイト

1位介護ワーク

豊富な求人数と広いエリアでキャリアアップ!

介護ワーク公式サイトイメージ図

介護ワークの口コミをみる

こんな方におすすめ
パート・アルバイトから正社員まで、幅広い就業形態
前給制度に対応!すぐに給料が受け取れちゃいます
厚生労働省から優良派遣事業者に認定済み
対応エリア 全国
案件数 約100,000件以上
その他 無資格・未経験歓迎/高収入案件/充実の福利厚生/シフト制/週2~/全国各地に登録拠点

2位ダントツ介護

東京都内の介護求人ならココ

ダントツ介護公式サイトイメージ図

ダントツ介護の口コミをみる

こんな方におすすめ
東京の介護求人を探している
内定に向けたバックアップ体制がほしい
非公開求人も取り扱っている
対応エリア 関東
案件数 3,000以上(非公開求人あり)
その他 非公開求人豊富/高収入案件/丁寧なサポート/非常勤雇用あり/職種が豊富

4位カイゴWORKER

入職後のフォローまでバッチリ♪

カイゴWORKER公式サイトイメージ図

カイゴWORKERの口コミをみる

こんな方におすすめ
CM放映で広い知名度
給与などの交渉代行制度あり
人間関係や時間外労働などの職場情報が充実
対応エリア 全国
案件数 約90,000件
その他 高収入案件/充実の福利厚生/大量の非公開求人案件

5位ケア人材バンク

ケアマネージャー求人なら専門のココにおまかせ

ケア人材バンク公式サイトイメージ図

ケア人材バンクの口コミをみる

こんな方におすすめ
ケアマネージャー求人を探している
全国から求人が探せる
キャリアパートナーとマンツーマンで仕事を探したい
対応エリア 全国
案件数 不明
その他 高収入案件/専任キャリアパートナー/非公開求人案件