介護スタッフってどんな仕事?仕事内容や必要な資格、気になる収入を徹底解説|クラベル介護転職

        

介護スタッフってどんな仕事?仕事内容や必要な資格、気になる収入を徹底解説


介護業界では、実際に介護にあたる人の呼称がさまざまです。介護スタッフは介護士やホームヘルパーなどと主な仕事が同じであるにもかかわらず、違う職種だと思われる人も珍しくありません。ここでは、介護スタッフとして働くときに知っておきたい仕事内容や資格、収入、やりがいなど詳しく解説していきます。

介護スタッフとは?

介護スタッフとは、介護士やホームヘルパーなど利用者に直接触れる業務を行う介護職員のことを指しています。介護業界には難しいイメージの職種名が多く、これから介護業界で働いてみたいと考える人はチャレンジすることを躊躇してしまう人も。

介護スタッフは、特に求人媒体などで難しいイメージを持たない介護職員の別称として名付けられたものですので、介護士と呼んでもヘルパーと呼んでも間違いではありません。

介護スタッフの役割や仕事内容とは?

介護スタッフとしての仕事は、利用者の身体介護がメインです。身体介護といっても病気やケガを治すわけではなく、不自由になった動作の介助を行います。身体介助はどういったものがあるのか、その役割は何かをご紹介しましょう。

知っておきたい役割と仕事内容、求められること

介護スタッフの役割は、利用者の心身に寄り添うこと。また、本来の機能が衰えないように、改善や自立に向けて日常生活のなかで介助をしていくものです。

朝起きてから寝るまでの生活をサポートする施設では、3度の食事を介助し、おむつ交換や入浴介助、着替えのサポート、歯磨きの介助、室内清掃などを行います。デイサービスでは、利用者の送迎やレクの企画や介助、話し相手、リハビリ運動介助なども仕事です。

訪問介護では、さらに生活介助も契約内容に含まれることが多く、買い物や通院にも付き添うこともあるでしょう。ベッドからの寝起きや、タクシー・車いすへの乗降サポートも欠かせない仕事です。

利用者は、できることなら介助なしで生活したいという意識があっても、体が思うように動きません。高齢であっても自分でできないツラさを抱えています。介護スタッフは、そんな利用者の心と体に向き合う仕事ですので、何よりも思いやりをもった行動や言葉がけが求められます。

介護スタッフはどんな職場で活躍できる?

介護スタッフとして働く場合には、施設か在宅かを選ぶことになります。
働ける施設には

  • 特別養護老人ホーム
  • 認知症グループホーム
  • 介護老人保健施設
  • 有料老人ホーム

などがあり、24時間体制で利用者の介護が行われます。通所介護と呼ばれるデイサービスやデイケアでも、介護スタッフの多くが活躍しています。施設では複数人を受け持つこともあるため、介護助手の助けを借りながら業務を行うことも少なくありません。

在宅なら訪問介護事業所が職場となるでしょう。実際にはたらく場所はサービス利用者の自宅です。派遣スタッフや登録スタッフとして活動する人が多く、利用者と1対1で向き合うので丁寧なケアが求められます。

介護スタッフのやりがいとは?

介護スタッフのやりがいは、利用者やその家族の「困った」を解決できることです。支えてあげたいと思っても、生活のためには仕事もしなければならず、介護が始まると家族が疲弊してしまうことも問題視されています。

介護スタッフは、そうした利用者も利用者の家族も助けることに繋がり、感謝の言葉を受けることも多いです。そのたびに、介護スタッフとしてのやりがいを感じて仕事ができます。

介護スタッフになるメリットは?

介護スタッフは、年齢や性別に関係なく、元気な人であれば誰でも活躍できる仕事です。例えば定年を迎えても、元気で働く意思があれば介護スタッフとして働けます。実際に介護スタッフの女性は、40代以降の世代の方々が主力になっています。

さらに短時間労働で勤務することが可能ですので、午前中だけ、午後だけといった勤務もできますし、夜勤で頑張りたい人は夜勤専門で働く人も。小さな子どもがいる世代でも働きやすいメリットがあります。

介護スタッフの気になる収入は?

介護スタッフの収入はどのくらいなのか、実際の求人情報をチェックしてみました。

常勤で月収を得る介護スタッフでは、約160,000円~230,000円が平均的です。非常勤で時給を得る介護スタッフの場合には、未経験者でも1,150円前後、経験者なら1,250円前後となっています。

訪問介護の求人では、身体介助や生活支援業務がはっきり分けられていて、どちらかだけを行うといった仕事もあります。こういった場合は、身体介助の方が若干高めの時給設定がみられます。

介護スタッフになるまで

介護スタッフになるための資格取得の決まりはありません。しかし、施設によっては必要な場合もありますので、求人情報をしっかり確認するようにしてください。

必要な要件と試験内容

資格が不要であっても、介護スタッフは利用者の身体に触れる仕事です。介護の基本が分かっていないと利用者に負担になってしまうことも多いため、多くの介護スタッフは「介護職員初任者研修」が必要とされています。

介護職員初任者研修は、介護の基本を座学と講習で学ぶものです。修了することで利用者の身体に触れることができるようになります。受験資格もない研修ですが、130時間受講すれば多くの人が修了できます。

さらに幅広い利用者への介護サービスが可能になる「介護職員実務者研修」もあります。初任者研修の次のステップとして受講する人が多いです。

女性が活躍する介護スタッフに挑戦してみよう!

仕事を探すとき、働きやすさや収入の大きさも大切なポイントになります。介護スタッフは「やりがい」も大きい仕事ですので、週に3日という働き方をする人も多い職種です。

自分の状況に合った働き方も選びやすく、ライフワークバランスも取りやすいでしょう。きめ細かい対応ができる女性が活躍できる職種です。介護業界に興味がある人はぜひ挑戦してみてください!


2019年度版オススメ介護転職サイト

1位介護ワーク

豊富な求人数と広いエリアでキャリアアップ!

介護ワーク公式サイトイメージ図

転職サイトについて詳しく見る

こんな方におすすめ
パート・アルバイトから正社員まで、幅広い就業形態
前給制度に対応!すぐに給料が受け取れちゃいます
厚生労働省から優良派遣事業者に認定済み
対応エリア 全国
案件数 約100,000件以上
その他 無資格・未経験歓迎/高収入案件/充実の福利厚生/シフト制/週2~/全国各地に登録拠点

介護転職サイトで求人をさがす

公式サイトへ移動します

2位ケア転職ナビ

手厚いサポートで安心転職を目指すならココ

ケア転職ナビ公式サイトイメージ図

転職サイトについて詳しく見る

こんな方におすすめ
業界専門のコンサルタントがしっかりサポート
非公開求人も多数用意
案件によっては資格取得の支援も
対応エリア 全国
案件数 約20,000件
その他 充実の福利厚生/資格取得支援/コンサルタントのサポートあり

介護転職サイトで求人をさがす

公式サイトへ移動します

3位カイゴワーカー

入職後のフォローまでバッチリ♪

介護ワーカー公式サイトイメージ図

転職サイトについて詳しく見る

こんな方におすすめ
CM放映で広い知名度
給与などの交渉代行制度あり
人間関係や時間外労働などの職場情報が充実
対応エリア 全国
案件数 約90,000件
その他 高収入案件/充実の福利厚生/大量の非公開求人案件

介護転職サイトで求人をさがす

公式サイトへ移動します